fliegn_26ことTomoの音楽と映画とお酒のチャンプルー(ごちゃまぜ)ブログです。好きなものはとことん語ります!ただいま初代相方もえ(柴犬)が虹の橋に渡り、二代目相方マハロ(コーギー)のお世話係中。


by fliegn_26

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『ANGEL』シーズン1/#3「光と闇」(原題:In The Dark)

『ANGEL』シーズン1の3話「光と闇」の感想です。この回では本家『バフィー』シーズン4とのクロスオーバーエピソードで、『バフィー』からかつてエンジェルと共にヨーロッパを荒らしていた同じヴァンパイアのスパイク(ジェームズ・マースターズ)、バフィーの同じ高校に通っていたオズ(セス・グリーン)が登場します。

バフィーはシーズン3までしか見てないのですが、「アマラの指輪」というヴァンパイアがつけると杭や日光でも死なず、日中歩き回れるという指輪をめぐり、バフィーとスパイクが対決。指輪はバフィーの元に収まり、オズがエンジェルに届けるというところまでが『バフィー』シーズン4での話。その続きが『ANGEL』3話「光と闇」ということだそう。

前置きが長くなりましたが、以下ネタバレです。





#1「天使の街」(原題:City Of)
Spike follows Oz to L.A., and enlists the help of a demented vampire to regain a mystical relic from Angel..(DVDボックスのブックレイトより抜粋)

サニーデールから「アマラの指輪」の指輪を持ってオズがロサンゼルスのエンジェル探偵事務所にやってきた。オズはバフィーから頼まれた指輪をエンジェルに渡す。それを狙ってスパイクもロスにやって来る。スパイクはエンジェルを拉致し、指輪の場所を聞き出そうと拷問し始める。


ここはやはり、エンジェルの拷問シーンがメインでしょう!(←何を興奮している?)
でも拷問するためにスパイクが雇った拷問好きのヴァンパイア、マーカスがえらく気味が悪かったです…。冒頭はDV被害に遭っている女性を颯爽と助け、意気込んでエンジェル宅にやってきたスパイクを倒すまではカッコいいエンジェルですが…。意外なところであっさりスパイク&マーカスに捕まってしまいます。

変なところで抜けています、エンジェル。だからこそ彼には仲間が必要なのです!

指輪とエンジェルを交換するため、ドイルとコーディリアが救出作戦を練ります。この2人のコンビぶりもなかなかのものですね。そして、それにオズも一役買い、エンジェルを無事救出!

スパイクを差し置いて、指輪を盗む昼間のビーチで子供たちを襲おうとしたマーカス。エンジェルたちがビーチに駆けつけ、エンジェルは昼間にも関わらず、日光を浴びて燃えながら死闘の末指輪を取り戻します。

指輪をつけて日差しの中から現れたエンジェル。それを見たオズは「彼、(他の人間に比べると)ものすごく青白いな」と一言。そりゃ、200年以上も日焼けしてなかったですからね〜。

ラストシーン、屋上で夕焼けを約200年ぶりに見るエンジェル。隣にはドイル。
ドイルが「これで昼間でも人助けができる」と自分ごとのように喜んでいるけど、エンジェルは「自分は昼間には必要ない。人々が困るのは暗くなってからだ。もし俺が昼間の住人になってしまうと困った者を見なくなってしまう」といい、日が暮れて指輪を破壊します。すごく良いシーンだけど、弱者のために昼間の生活を捨てたエンジェルの寂しげな横顔が印象に残ります。

それでもエンジェルは「今日はいい日だった」と一言。でも「拷問されて死にかけた以外は」と付け足すのも忘れずに(笑)。これでスパイクに対する恨みも増えたんだろうな〜。
そういえばそのスパイク、指輪を横取りされてそのままLAを去った模様。エンジェルは仲間や部下に恵まれているけど、スパイクはとことん部下はおろかヴァンプ仲間には恵まれてないようです(苦笑)。

ところで、『バフィー』『ANGEL』にはけっこうSM要素が含まれています。これは『バフィー』シーズン2から参加している女性脚本家のかたが、SMのアイデアを提案し、それが脚本に盛り込められたそうです。ということで、『バフィー』『ANGEL』の男性陣には少々きついシーンがいくつか…(爆)。
私はその脚本家のかたに、「Good job!」と言いたいですがね!

というのも、デヴィッドのセミヌードシーンはシーズン毎に減って行くので、それがよく見れるシーズン1がけっこう好きだったりします。。。ふふふ。(BONESのブースもいいけど、この頃のデヴィッドはかなりセクシーなんです☆)

放映時のクロスオーバーpromo。

[PR]
by fliegn_26 | 2009-05-04 22:22 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tomoazlog.exblog.jp/tb/10175905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
Art
Book
Diary
Dog
Germany
Movie&TV
Music
Works
Picture
Sean Bean
Travel

フォロー中のブログ

Words of VM
ひるでのでるひ(旧宅)
ろんどんらいふ
Reclamation ...
菊田ヴァイオリン工房
sunny-side a...
寝ても覚めてもイリュージョン
DEEP FOREST
デヴィッド・ボウイ館 (...
Tokyo PhotoS...
Marching wit...
本日のリチャード・シャープ
ぺへさぽブログ3
Piccoli Pass...

以前の記事

2017年 01月
2016年 01月
2015年 09月
more...

お気に入りブログ

最新のトラックバック

映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「プロメテウス」この..
from soramove
BONES 6-2 「洞..
from Not Fade Away ..
ハリーポッターと死の秘宝..
from 主婦のヒトリゴト。
ブライアン・アダムス 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ

最新のコメント

>あしばさん はじめま..
by fliegn_26 at 22:53
こんにちは!「クロウ」関..
by あしば at 10:13
俺も見ました。今までのコ..
by クドウアキオ at 22:07
>ぽこぽんさん 初めま..
by fliegn_26 at 23:14
youtube貼って頂い..
by ぽこぽん at 09:12

タグ

(398)
(376)
(218)
(171)
(156)
(134)
(63)
(62)
(61)
(60)
(56)
(54)
(51)
(38)
(17)
(17)
(16)
(15)
(11)
(9)

ライフログ


ドラキュラZERO [Blu-ray]


チェイシング・イエスタデイ


Of Beauty And Rage


ザ・ハンティング・パーティー


ハイブリッド・セオリー


Meteora


リヴィング・シングス


ライヴ・イン・テキサス


リアニメーション


ア・サウザンド・サンズ


Recharged


The Next Day


GRRR! ~グレイテスト・ヒッツ 1962-2012


Tremors


Hesitation Marks(デラックス盤)


Guiding Lights


ワイルド・スピード EURO MISSION [Blu-ray]


ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編- DVD コンプリート・ボックス (5枚組)


ホビット 思いがけない冒険 [Blu-ray]


ホビット 竜に奪われた王国 [Blu-ray]


Queen of the Damned


ソングス・オブ・イノセンス-デラックス・エディション


Goddess


Release the Panic

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧