fliegn_26ことTomoの音楽と映画とお酒のチャンプルー(ごちゃまぜ)ブログです。好きなものはとことん語ります!ただいま初代相方もえ(柴犬)が虹の橋に渡り、二代目相方マハロ(コーギー)のお世話係中。


by fliegn_26

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『BONES』シーズン3/#13「真実が裁かれるとき」

これまで『BONES』ではブレナンの家族にまつわる話が多いですが、ここでブレナン一家の物語が一区切りします。

白骨遺体が見つかりB&Bがいつも通り検分しようとするとジュリアン検事が現れ、ブレナンの父でブースの上司であるFBI副長官の殺人容疑(『BONES』シーズン2/#13「過去からの告発」)で逮捕されたマックスの裁判日が決まったことを告げる。ブースを始めジェファソニアン研究所の仲間は検察側に立つことになり、弁護側のブレナンと戦うことに戸惑う。一方のブレナンは、父マックスの有罪を確信しており、客観的な姿勢でいるが裁判が進むに連れて内面に変化が現れてくる。

以下ネタバレです。





冒頭の妙に沿った白骨遺体にどぎもを抜かれましたが。まるで新体操の選手みたいな遺体遺棄事件で面白そうでしたが、今回は裁判がメイン。(冒頭の遺体はきっとスタッフのお遊びに違いない)

2ndの#13「過去からの告発」で、父マックスが娘テンペランス(ブレナン)と息子ラスを守るために、家族を狙ったFBI副長官を殺害。
と視聴者から見れば、どう見ても有罪なんですが、とはいえ主人公の父親。さすがに有罪にしないだろうと思いましたが、そこをどうやって無罪にするのかが興味深かったです。

マックスの裁判ですが、仲間内の友情が試す試練のようでそれぞれに緊迫感がありましたね。
その中で普段通りだったのは、ジュリアンおばちゃんとザックとカムだけでしたが。(今回さすがにザックには…怒<ザックファンの方すみません)。

その中でも友情を貫いたのはアンジェラ。証言せず拘束されても、友人のために信念を貫き通したのはカッコよかったです。ブレナンとアンジェラ、女同士というか、どちらもはっきりした性格で、たまに男っぽい友人に見えてしまいますが。(きっと脚本家が男だからというせいもあるでしょうが)2人の友情は本物ですね。

ブースもまたブレナンの気持ちが分かっているから、敵対する間となっても相棒の気遣いは忘れない。またもう、ブースはここでもカッコ良過ぎですってば。(でもそこが良い<爆)

さらにそんなB&Bに興味津々のスウィーツ。危うくセラピーが終わりかと思われましたが、条件付きでB&Bのセラピーを続けられることに。
もう思う存分2人を研究してほしいですね。何故なら私もこの2人の関係が知りたいから(笑)

さて裁判のほうは意外な方向に。ここでブレナンは、悪く言えばブースを利用したというか。
以前1stでのエピのある裁判で、ブースがブレナンに家族のことを出して証言させたことがありましたが。今回はブレナンにも動機があり、殺害する時間があったと言わざるえない状況に追い込まれたブース。
そういうやり方もあるのかと思いましたが、言わなくてならないブースは複雑だったでしょう。

ともあれ父は無罪!少々甘い気もしましたが、ここで有罪となったら番組が暗くなっちゃいますので(汗)。

ブースは上司が殺されたわけですし、ブレナンの父はFBIの敵と言っても良いのですが。何せFBI副長官は悪代官でしたからね。(爆)
もしこれが1stのみに出ていたFBI長官代理のカレンさんだったら違っていたでしょう。彼は良い人でしたから。正直言ってカレンさんがいなくて良かったと思います。

ブースについてもう1つ。
2ndでセラピストのゴードン・ゴードンから父親と上手くいってなかったと指摘されてましたが。
ラストシーンでブレナンとマックスがハグするところを見つめるブース。
良かったと思う半面、娘を思う父親がいるブレナンが羨ましく思ったのかもと、ちょっと深読みしてしまいました。

マックスの完全犯罪が成立しちゃいましたけど、とりあえずブレナン一家の問題は解決!次はやっぱりブースですよね〜。
謎が多いところが好きだけど、やっぱりその謎が知りたいですもん。
[PR]
by fliegn_26 | 2009-06-10 21:55 | Movie&TV | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://tomoazlog.exblog.jp/tb/10407227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Reica at 2009-06-10 23:15 x
こんばんわ。Reicaです。
この回でとりあえずブレナン家族の問題解決ですね。ブースは事前にブレナンに相談を受けていたからあの回答が出来たとはいえ、本当につらそうでした。
ところで、冒頭の事件は解決してるのでしょうか。あれはあれでネタになりそうなのですが・・・。ブレナンが大受けしてるのが新鮮でした。
>FBI長官代理のカレンさんだったら違っていた
#211で殺された副長官の事を「ボスのボス」と言ってますので、カレン副長官代理の上司だと思います。ので、カレンさんは健在だと思う、思いたい。もう一度出て欲しいんだよなぁ・・・。好きなキャラなので。
Commented by とめちゃん at 2009-06-10 23:48 x
こんばんわ。
『BONES』の中でも時々行われる裁判エピですが、私はこの回のが一番好きですね。
B&B やSquints達一人一人の感情がこの裁判を通して見えてきて(若干軽いノリなのはいつものテイストなので良しとしておき)途中ザックにあり得ない見落としを見つけた所なんかはちょっとドキドキ…したりして。
でも、その後のブレナンの自宅の家宅捜索をする以前にすでにブースはここに真の凶器があると確信していたかの様なふるまいでしたね。
彼はFBI特別捜査官と言う建前の姿と、Boothと言う本音の姿をこのエピの中で見事に使い分けてたと思いました。
最後の、裁判所でマックスと抱き合うブレナンがブースを見つめるシーンなんて、さすが名演技!
ようやく彼女が欲しかった『家族』を取り戻すことができて、ブース自身も自分の事のように嬉しかったことだろうと、勝手に盛り上がってました。
Commented by tadi at 2009-06-11 12:34 x
こんにちは。
ブースのお陰で人間的にとても成長したブレナン、1stのブレナンだったら正義だけを振りかざして、確実にパパは有罪だったでしょうね。
なんといってもDBの演技が見事でした。どうしても友人としての立場に偏ってしまうが故の苦悩が表情に表れていましたね!
そしてラストの何も言わずにハグする二人・・・この絆は何があっても崩されることはないでしょう!シーズン5も6も 爆
ブースだけではなく、対立する立場にあってもブレナンを温かく見守り続けたスクインツと肝っ玉かあちゃんの姿にもじーんとしちゃいました。
それにしてもザックが・・・ザックが~ 泣。
ストの影響が多分にあったことは理解できていますが、シーズンを通して彼の内面の変化ももう少し丁寧に描いて欲しかったです。
Commented by fliegn_26 at 2009-06-11 21:16
>Reicaさん
>冒頭の事件
ほんと、どうなったんでしょうね?もうネタとしては最高でしたし、ぜひどこかで事件解決をしてほしいですね〜。
>FBI長官代理のカレンさん
ちょっと説明不足でしたね。申し訳ありませんでした(汗)。
私もカレンさんが好きですが、制作側としてFBI内部でブースに対立する人物が欲しくて、1stで良い人の印象が強すぎるカレンを逆に「実は悪でした」にしてしまうと返って視聴者の反感を買ってしまうから、別の配役を考えたのかなと思いました。
とはいえ、このままいなくなってしまうのはもったいないキャラですし、俳優さんの都合が合えば再登場して欲しいですね。
Commented by fliegn_26 at 2009-06-11 21:23
>とめちゃんさん
こんばんは。私もこのエピ好きですよ。B&Bもですが、スクインツたちも良い演技で最高でしたね。裁判中だというのに、普段のノリを忘れないB&Bも面白かったです。
>ザックにあり得ない見落としを見つけた所
クラーク君のことを書き忘れてました!ザックの後任のはずだった彼ですが、なかなかユニークなところもあったので再登場して、ザックの見落としを見つけたときはGood jobでしたね。
そのあと凶器はすぐに見つかってしまいましたけど(汗)。
Commented by fliegn_26 at 2009-06-11 21:32
>tadi さん
こんばんは。
>DBの演技が見事でした。
改めて見ると、DBは本当に「演技者」ですね。演技のトレーニングのおかげもあるかもしれませんが、『ANGEL』以降人間味を見せる演技が幅広くなってきてるので、今後の活動に良い影響を与えてくれるでしょうね。
ブレナンはとっつきにくい性格ですが、人に恵まれてますよね。本当にブースを始め良い仲間に巡り会えて、めでたく家族を取り戻してよかったです。(泣)
>ストの影響
↑これは本当に残念ですよね(汗)。イラクから帰って絶対心境の変化があったはずですからね。

カテゴリ

全体
Art
Book
Diary
Dog
Germany
Movie&TV
Music
Works
Picture
Sean Bean
Travel

フォロー中のブログ

Words of VM
ひるでのでるひ(旧宅)
ろんどんらいふ
Reclamation ...
菊田ヴァイオリン工房
sunny-side a...
寝ても覚めてもイリュージョン
DEEP FOREST
デヴィッド・ボウイ館 (...
Tokyo PhotoS...
Marching wit...
本日のリチャード・シャープ
ぺへさぽブログ3
Piccoli Pass...

以前の記事

2017年 01月
2016年 01月
2015年 09月
more...

お気に入りブログ

最新のトラックバック

映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「プロメテウス」この..
from soramove
BONES 6-2 「洞..
from Not Fade Away ..
ハリーポッターと死の秘宝..
from 主婦のヒトリゴト。
ブライアン・アダムス 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ

最新のコメント

>あしばさん はじめま..
by fliegn_26 at 22:53
こんにちは!「クロウ」関..
by あしば at 10:13
俺も見ました。今までのコ..
by クドウアキオ at 22:07
>ぽこぽんさん 初めま..
by fliegn_26 at 23:14
youtube貼って頂い..
by ぽこぽん at 09:12

タグ

(398)
(376)
(218)
(171)
(156)
(134)
(63)
(62)
(61)
(60)
(56)
(54)
(51)
(38)
(17)
(17)
(16)
(15)
(11)
(9)

ライフログ


ドラキュラZERO [Blu-ray]


チェイシング・イエスタデイ


Of Beauty And Rage


ザ・ハンティング・パーティー


ハイブリッド・セオリー


Meteora


リヴィング・シングス


ライヴ・イン・テキサス


リアニメーション


ア・サウザンド・サンズ


Recharged


The Next Day


GRRR! ~グレイテスト・ヒッツ 1962-2012


Tremors


Hesitation Marks(デラックス盤)


Guiding Lights


ワイルド・スピード EURO MISSION [Blu-ray]


ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編- DVD コンプリート・ボックス (5枚組)


ホビット 思いがけない冒険 [Blu-ray]


ホビット 竜に奪われた王国 [Blu-ray]


Queen of the Damned


ソングス・オブ・イノセンス-デラックス・エディション


Goddess


Release the Panic

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧