fliegn_26ことTomoの音楽と映画とお酒のチャンプルー(ごちゃまぜ)ブログです。好きなものはとことん語ります!ただいま初代相方もえ(柴犬)が虹の橋に渡り、二代目相方マハロ(コーギー)のお世話係中。


by fliegn_26

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

『BONES』シーズン4/#1「THE YANKS IN THE UK PART 1」

BONESシーズン4がFOXで放映されましたね。…と大分経ちますが、ようやくレビューを書くことができます。
シーズン4はイギリス・ロンドンからスタート。お互いに講演にやってきたブレナン&ブース。さらに事件も待っておりました。

特別講師としてロンドンの大学を訪れたブレナンとブースであったが、裕福なアメリカ人一家の娘が殺害された事件の捜査にかかわったことで予想外に滞在が延びることになる。一方、ジェファソニアンでは、アンジェラの行方不明だった夫グレイソンが突然現れた。アンジェラとジャックが結ばれるためには、夫が離婚することに同意しなければならないが・・・。(FOXサイトより参照)

以下ネタバレです。





ブレナンの講演は眠くなるのは判る気がします(爆)。反対にブースの講演は面白そうですね〜。(見てみたかった〜)。
ブレナンはともかくブースはなかなかロンドンに慣れず…。しかし007には憧れるので、というかイギリスといえば=007。007ネタは満載でした。
さらに運転に慣れず叫ぶブースを見て、思わずスティングの曲「Englishman In NY」の歌詞「I don't drink coffee」を「I don't drink tea」に変えて「American In London」と思い浮かびました(爆)。
ちなみにDB本人はイギリスは気に入っているようで、ポール・スミスなど好きだそう。ファッションもイギリススタイルが好みとか確かimdbに書いてありました。

正直、B&Bよりもジャック&アンジェラのジェファソニアン側のほうが面白かったです。視聴者もびっくりするアンジェラの夫グレイソン。
う〜ん、ジャック可哀想…。だってガタイが良くてセクシーな男だったんですもの(笑)。カムの気持ちに同感。
3rdでは大分謎扱いされてたアンジェラ夫ですが、いきなり登場とは意外でしたね。
しかしグレイソンもなかなか諦めの悪い男ですね。ところがどっこい、謎の自転車集団に阻まれ、ようやく離婚に承諾。自転車集団にはご用心(爆)。一体何のイベントだったんだろう?

一方、ロンドン。容疑は被害者の交際貴族の父親に向けられる。
アメリカ側から捉えたイギリスってどんな風だろう?とこの辺は興味がありましたが。
貴族相手でも事は穏便。たとえ貴族の執事が犯人だろうと表沙汰にはならず、B&Bにしてみれば不満だったでしょうね。
銃社会のアメリカだから、銃なしは丸腰同然というブースの言葉にアメリカとイギリスの違いを感じずにはいられませんね。
ちなみにロンドンの町中にいる警官は重要な時以外は銃を携帯していないようです。(でも危険な地区はあるので、観光時は前もって調べておく必要があります)

一方ではロンドン法人類学者イアンに口説かれるブレナン。どこに行ってもモテますね。(羨ましいような…)
もちろんブースが口を出してきます。ブースは人を見る目は抜群。こんな良い人って、他にいないのに、ブレナンは眼中なしなんですね…(汗)。今シーズンもこの2人の関係にもやもやされることでしょう。


舞台がロンドンということで、イギリス好きの私にはたまらないエピでした。
冒頭の事件現場にはセント・ポール大聖堂が川岸の向こうから見えて、「あれこの辺通ったかも…」と思い出が…。
以前ロンドン滞在は数日のみでしたが、よくロンドンの食事はまずいと言われますが、ブースのような食事のはずれはなかったです。というよりも食事と言えば毎晩パブで飲んで記憶しかないです(爆)。
特にギネス(アイルランドのものですが)とペースエールは美味しい。B&Bが飲んでいたのはおそらくペースエールでしょうね。酸が少なくて、とても飲みやすいビールなのでお薦めですよ☆

ちょっと話がそれましたが、イギリス側のB&Bことプリチャード警部役のインディラ・ヴァルマは、最近見ている『トーチウッド』に出演するなどイギリスで活躍する女優さん。この方の英語のアクセントは何だか気に入っております。
男性版ブレナンことイアンは女性には興味津々。B&Bとは真逆で進んでいるお2人。そのギャップもまた楽しいったですね。ファンとしてはこの2人のようにB&Bもなってほしい…ようなないような(苦笑)。

さて3rdで降板してしまったザックに変わって登場したのは3rdの1話で登場した優秀なクラーク。コミカルな感じが面白いですね。スイーツは今のところ良いところなしでした。頑張れ〜!

ラストは(懐かしき)ロンドンの夜景を眺めながら終了。せっかく上がった橋を見逃すなんてB&Bらしい。だから次のPART2でも運悪くまた事件と遭遇してしまったのかも(汗)。

今回のエピタイトル「THE YANKS IN THE UK」のYankはイギリス英語および米国外では「アメリカ人」。米英語では「米国北部諸州の人」や「米国北軍の兵士 (南北戦争当時のニックネーム)」の意があるそうです。まさしくスティングの「Englishman In NY」ならぬ「American In London」ですが、ロンドンにいるB&Bと被害者のアメリカン人女性のことの意味も含めたものでしょうね。
[PR]
by fliegn_26 | 2009-11-01 03:03 | Movie&TV

カテゴリ

全体
Art
Book
Diary
Dog
Germany
Movie&TV
Music
Works
Picture
Sean Bean
Travel

フォロー中のブログ

Words of VM
ひるでのでるひ(旧宅)
ろんどんらいふ
Reclamation ...
菊田ヴァイオリン工房
sunny-side a...
寝ても覚めてもイリュージョン
DEEP FOREST
デヴィッド・ボウイ館 (...
Tokyo PhotoS...
Marching wit...
本日のリチャード・シャープ
ぺへさぽブログ3
Piccoli Pass...

以前の記事

2017年 01月
2016年 01月
2015年 09月
more...

お気に入りブログ

最新のトラックバック

映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「プロメテウス」この..
from soramove
BONES 6-2 「洞..
from Not Fade Away ..
ハリーポッターと死の秘宝..
from 主婦のヒトリゴト。
ブライアン・アダムス 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ

タグ

(398)
(376)
(218)
(171)
(156)
(134)
(63)
(62)
(61)
(60)
(56)
(54)
(51)
(38)
(17)
(17)
(16)
(15)
(11)
(9)

ライフログ


ドラキュラZERO [Blu-ray]


チェイシング・イエスタデイ


Of Beauty And Rage


ザ・ハンティング・パーティー


ハイブリッド・セオリー


Meteora


リヴィング・シングス


ライヴ・イン・テキサス


リアニメーション


ア・サウザンド・サンズ


Recharged


The Next Day


GRRR! ~グレイテスト・ヒッツ 1962-2012


Tremors


Hesitation Marks(デラックス盤)


Guiding Lights


ワイルド・スピード EURO MISSION [Blu-ray]


ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編- DVD コンプリート・ボックス (5枚組)


ホビット 思いがけない冒険 [Blu-ray]


ホビット 竜に奪われた王国 [Blu-ray]


Queen of the Damned


ソングス・オブ・イノセンス-デラックス・エディション


Goddess


Release the Panic

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧