fliegn_26ことTomoの音楽と映画とお酒のチャンプルー(ごちゃまぜ)ブログです。好きなものはとことん語ります!ただいま初代相方もえ(柴犬)が虹の橋に渡り、二代目相方マハロ(コーギー)のお世話係中。


by fliegn_26

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『BONES』シーズン2/#9「届かぬ地中の叫び」

現在FOXジャパンでは、シーズン4と2が同時に放映されてます。2ndのDVDボックス2しか持ってないので、1〜10話までを録画中であります。その中でもファンの間でも評価が高い第9話「届かぬ地中の叫び」。ブレナンとホジンズが生き埋めになるエピですが、その犯人はシーズン4にも登場するので、それに備えてのおさらいレビューでございます♪

地面に埋まった宇宙船が発見されたとの知らせが入る。中にはミイラ化した2つの遺体があり、その後の調査で、数年前に拉致された双子の兄弟だと判明。犯人は「墓堀人」(Gravedigger)と呼ばれる連続誘拐犯で、人質を密閉容器に閉じ込め、地中へ埋めた後、身代金を要求するという手口で犯行を重ねていたことが分かる。そんな中、ブレナンとホジンズが拉致され、ブースのもとに犯人から脅迫電話がかかってくる。(FOXサイトより参照)


以下ネタバレです。




原題は「Aliens in a Spaceship」。B&Bにとって殺人鬼エップスに続き、宿敵となる「墓堀人」が初登場のエピソードです。

1st(#15「パートナーの危機」)でもブレナンは命の危機に遭いましたが、今度はホジンズと共に生き埋めに遭う絶体絶命の危機に遭います。始終、緊迫したシーンがあり、観る側として息もつかせてくれません。本当に素晴らしいエピだと思います。

ブースはこの頃はカミールとおつき合いしていて、ザックがいつも通り調査をしていて久しぶりに見るととても懐かしいです。
またホジンズがアンジェラに対する想いを打ち明けるシーンも印象的でした。何よりも科学者の知恵というか何と言うか、一般の人なら諦めてしまう状況でもブレナンの精神力に強さを感じるものがありました。
だけど、そこまで強くいられるのは信頼できるパートナーやジェファソニアンの面々がいたからブレナンは最後まで諦めなかったんだと思います。

諦めの悪さならピカイチのブースも、ブレナンたちのためにスクインツたちを喝を入れます。FBIらしからぬ行動かもしれませんが、ブレナンとその仲間が誰1人欠けてはならないという気持ちがブースにあったんですね。熱いぜ、ブース!

いつも事件解決の糸口を見つけるのはホジンズやザック。もちろん、2人はここでも大活躍。とくにジャックは怪我をしていながらも埋められた場所を特定。携帯でブースに伝え、意味不明な暗号もザックが解読。(さすが天才!)

ラストは皆でブレナンとホジンズを助け出します。最後は本当に良いシーンでしたし、さらに絆が深まったと思います。ちょっとホロリとしてしまいました(涙)。

ブースたちがブレナンたちを砂から引っ張りだすシーンで使われた音楽もよかったですね。
使われているのはアメリカ・インディーズバンドのMargot & The Nuclear So and So'sの「Light on a Hill」。

曲は彼らのアルバム『The Dust of Retreat』に収録。CDはAmazonからでも購入可能です。
彼らのMyspeceを拝聴しましたが、全体的な曲調はフォークロックな感じです。とても聴きやすくて、ボーカルの声が柔らかくて良い声をしております。ジェイソン・ムラーズやUKのThe Kooks等癒し系ロックがお好きな方でしたら気に入るかもしれませんね。私も気に入りました☆ナイスな選曲だったと思います。

さてシーズン4でも「墓堀人」が再登場!今度はブースが危機に!

その前に「墓堀人」は真犯人は一体誰でしょう?
まず気になったのは犯人はどうやってブレナンの居場所を知ったか?
アメリカでは殺人事件が起きても、関係者以外には口外しなかったり、あっても報道しなかったりして犯人を欺いたりするようですが。ということは警察関係者の中に犯人がいるということになるのでしょうか?(シーズン4をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、ここでは内緒にお願いします)

ブレナン拉致現場に遭遇して犯人に轢かれたジャックの足についていたのは犯人を車のものと思われる金属片。これがまた真犯人への鍵となります。

ラストにやはり関係者が関与しているのかも・・・というのがちらっと見えたのですが、皆さんはいかがでしょうか?

謎の答えは14話「The Hero in the Hold(原題)」にて!(…来年放送かな?)
[PR]
by fliegn_26 | 2009-12-09 23:34 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tomoazlog.exblog.jp/tb/11746819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
Art
Book
Diary
Dog
Germany
Movie&TV
Music
Works
Picture
Sean Bean
Travel

フォロー中のブログ

Words of VM
ひるでのでるひ(旧宅)
ろんどんらいふ
Reclamation ...
菊田ヴァイオリン工房
sunny-side a...
寝ても覚めてもイリュージョン
DEEP FOREST
デヴィッド・ボウイ館 (...
Tokyo PhotoS...
Marching wit...
本日のリチャード・シャープ
ぺへさぽブログ3
Piccoli Pass...

以前の記事

2017年 01月
2016年 01月
2015年 09月
more...

お気に入りブログ

最新のトラックバック

映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「プロメテウス」この..
from soramove
BONES 6-2 「洞..
from Not Fade Away ..
ハリーポッターと死の秘宝..
from 主婦のヒトリゴト。
ブライアン・アダムス 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ

最新のコメント

>あしばさん はじめま..
by fliegn_26 at 22:53
こんにちは!「クロウ」関..
by あしば at 10:13
俺も見ました。今までのコ..
by クドウアキオ at 22:07
>ぽこぽんさん 初めま..
by fliegn_26 at 23:14
youtube貼って頂い..
by ぽこぽん at 09:12

タグ

(398)
(376)
(218)
(171)
(156)
(134)
(63)
(62)
(61)
(60)
(56)
(54)
(51)
(38)
(17)
(17)
(16)
(15)
(11)
(9)

ライフログ


ドラキュラZERO [Blu-ray]


チェイシング・イエスタデイ


Of Beauty And Rage


ザ・ハンティング・パーティー


ハイブリッド・セオリー


Meteora


リヴィング・シングス


ライヴ・イン・テキサス


リアニメーション


ア・サウザンド・サンズ


Recharged


The Next Day


GRRR! ~グレイテスト・ヒッツ 1962-2012


Tremors


Hesitation Marks(デラックス盤)


Guiding Lights


ワイルド・スピード EURO MISSION [Blu-ray]


ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編- DVD コンプリート・ボックス (5枚組)


ホビット 思いがけない冒険 [Blu-ray]


ホビット 竜に奪われた王国 [Blu-ray]


Queen of the Damned


ソングス・オブ・イノセンス-デラックス・エディション


Goddess


Release the Panic

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧