fliegn_26ことTomoの音楽と映画とお酒のチャンプルー(ごちゃまぜ)ブログです。好きなものはとことん語ります!ただいま初代相方もえ(柴犬)が虹の橋に渡り、二代目相方マハロ(コーギー)のお世話係中。


by fliegn_26

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Movie&TV( 611 )

海外ドラマあるある

大変お久しぶりでございます。
少々忙しくしていたので、更新が滞っておりました。

久しぶりで突然ですが、今回は海外ドラマあるあるを集めてみました。

・突然の打ち切り→本国での視聴率低下。
・シーズン更新時期のドキドキ
・長寿番組すぎてついていけない→本国放映後、数年後に日本に入ってくる場合。
・ドラマの主要人物が亡くなる→俳優の解雇、契約終了、仕事の都合、本当に俳優自身が亡くなった時。
・主に刑事ドラマでは契約終了または問題を起こした俳優は大抵殉職死でいなくなる
・女優の上半身しか映らない、大きめの衣装→女優さんの妊娠。でもって、物語上にも演じているキャラに(大抵無理やり)妊娠を反映する
・同じ場面にいるのに俳優どうしの変な合成→仲違い中。
・たとえ映画出身で有名な俳優が出ていようと、視聴率が悪ければ終了。
・ストがよくある
・ドラマの制作費がすごい
・リアリティに凝る
・どんなに人気のあるキャラでも死ぬ時は死ぬ(例「ウォーキング・デッド」)
・女主人公は大抵気が強く、男主人公は仕事はできても私生活は基本チャラい。
・最初は気が合わない主人公たちがシーズンを追うごとに心を通わせ、気がつけば家族になっている。
・ドラマで恋人または夫婦役をしていた俳優たちが、実際に結婚。その反対に離婚もあり。
・たいてい日本描写がひどい
・消えたキャラをファンの力(抗議ともいう)で復活。
・犯人探しで途中から大抵犯人が分かってしまう。
・ようやく事件解決と思いきや、再びハプニングが起き「To be continued」で翌シーズン。
・と思いきや、シーズン更新されず解決もされず終了。
・ありえない天才のPCオタクやハッカーが登場、機密情報を暴いて事件解決。
・例えば主人公の彼氏・彼女・夫・妻が亡くなって悲しんでいる→次の回には新しいパートナーができている。
・海外の情報サイトではネタバレのオンパレード。(特にtumbirはネタバレの宝庫)
・ドラマのスタッフも出ちゃったり。子役には実際の俳優の子供を使ったりする
・気がつけば俳優も製作総指揮になっていたり、監督したりしている。
・いろんなドラマを見ていると、「あのドラマに出ていた人!」「この間殺された人!」と脇役まで覚えてしまう。

つっこみどころ満載なところもありますが、それでも見てしまうのはドラマの質は大抵どれも良いからでしょうね(笑)

思わず海外あるあるを書きたくなったのは、けっこう真面目にみていた『クロッシング・ライン』シーズン2が最終回直前でショッキングなことがありまして。
ショックすぎてimdbなどで色々調べ上げた結果、さらにショックを受けるという週末でございました。
海外ドラマファンの方なら何となくお気づきかと思います。ここではネタバレいたしませんが(汗)。

映画でも印象を強く残すウィリアム・フィクナーやドナルド・サザーランドが出演している『クロッシング・ライン』。けっこう面白いです。

クロッシング・ライン シーズン1 [DVD]

ウィリアム・フィクナー,ドナルド・サザーランド,マルク・ラヴォワンヌ,ガブリエラ・ペシオン/ポニーキャニオン

undefined





[PR]
by fliegn_26 | 2015-09-07 00:04 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

TV版『ハンニバル』シーズン1鑑賞中

AXNにて放映中のTV版『ハンニバル』シーズン1を鑑賞しております。

映画版はだいぶ前に見て内容うろ覚えでしたが、マッツ・ミケルセン演じるレクター博士は最高ですね!

マッツは先週映画のPRのため初来日しておりましたが、マッツ来日中ツイッターのトレンドにマッツの名前が(笑)

という私も検索してしまいましたけどね(笑)

マッツは日本のあとは上海のイベントに参加しておりましたが、そのイベントにはルーク(・エヴァンス)も参加していて、まさかの三銃士リユニオンだったそうです。
(マッツとルークは『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』で共演)

行きたかった〜見たかった〜(涙)

心臓が悪い方にはオススメできないですが、『ハンニバル』はクオリティが高く1話ごとに見応えがあります。

先日映画版『ハンニバル』を鑑賞して、ラストシーンで思わず「うっ」ときました(汗)。
『ウォーキング・デッド』等のグロいシーンを見ても平気なんですが、、、さすがレクター博士ですね(苦笑)

HANNIBAL/ハンニバル Blu-ray BOX

KADOKAWA / 角川書店



↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2015-05-18 23:11 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

『ワイルド・スピード SKY MISSION』/Furious 7

人気カーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第7作『ワイルド・スピード SKY MISSION』。
撮影期間中に主演のポール・ウォーカーが急逝してしまいましたが、満を辞して完成し公開されました!

<あらすじ>
オーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)率いる国際犯罪組織を倒し平穏な毎日を送っていたドミニクたちの前に、オーウェンの兄デッカード・ショウが弟の仇を討つべく現われる。元特殊部隊の暗殺者で一国の軍隊に匹敵するほどの力を誇るデッカード(ジェイソン・ステイサム)は、東京にいるドミニクたちの仲間ハン(サン・カン)を襲撃。大切な仲間を奪われたドミニクたちは、圧倒的な強さを誇るデッカードに決死の戦いを挑む。
(映画.comより抜粋)

主演はお馴染みのヴィン・ディーゼル、急逝したポール・ウォーカー。
前作記憶喪失になってしまったレティ役はミシェル・ロドリゲス。そして引き続きローマン役はタイリース・ギブソン、テズ役はクリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ホブス役はドウェイン・ジョンソンが出演。

新しいキャラクターでは、カート・ラッセルがドミニクたちに協力する謎の政府の人(笑)。
新しい女性キャラ、ラムジー役には『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演しているナタリー・エマニュエル。

個人的に楽しみにしていたのは前作の悪役オーウェン・ショウの兄デッカードを演じるジェイソン・ステイサム!期待を裏切らない暴れっぷりでした☆またオーウェンを演じたルーク・エヴァンスもちょこっとだけ出ていたので、ファンとして嬉しいです。今後もショウ兄弟から目が離せないですな!

スカイミッションという邦題がつくほど、本編では車が飛びまくっておりました(苦笑)

車って飛びものだっけ????というツッコミはさておき、アクションはシリーズ上では最高だと思いますので、ぜひそちらも注目でございます!

ポールが亡くなってしまい、映画の完成も危ぶまれておりましたが、ポールにそっくりの兄弟たちが残りのシーンを担当し完成。
最後は納得いくものでした。アクション映画を見て、泣くのは初めてです。

ネタバレになるので、最後は書きませんが。映画のラストシーンは最高のポールへの弔いだと思います。

またポールに捧げる挿入歌「See you Again」がまた泣かせます(涙)
映画のサントラがかなり良かったので、サントラはまた別に書きますね!

ポール・ウォーカーのファンではないのですが、生前は渋みが増して良いなと思っていた矢先の事故でございました。改めて惜しい俳優が亡くなりました。

でも映画は面白かった!次作も楽しみでございます。

FOR PAUL


↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2015-05-09 20:38 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

Yandel/De Líder A Leyenda

昨年のことですが、突然再びリッキー・マーティンを聴き始め、気がつけば個人的には第二次ラテンブーム到来しております。

そのリッキーと共演していたレゲトン・デュオ、Wisín & Yandelが好きになりました。
特にメロディーパートを担当するYandelが一番好きになったものですので、彼の2013年にリリースされたソロアルバム『De Líder A Leyenda』を購入いたしました。

De Lider a Leyenda

Yandel / Sony U.S. Latin


<収録曲>
1.Hable De Ti
2.Hasta Abajo
3.Mano Al Aire
4.Déjate Amar
5.Enamorado De Ti Feat. Don Omar
6.La Cama
7.Moviendo Caderas Feat. Daddy Yankee
8.No Perdamos Tiempo
9.En La Oscuridad
10.Sudor
11.Fallaron
12.Para Irnos Feat. J Alvarez & El General Gadiel
13.Nada Que Perder
14.Da Show
15.Plakito Yandel Feat. El General Gadiel
16.Persígueme
17.Hable De Ti [English Version]


簡単にYandelのプロフィールをご紹介しますと、プエルトリコ出身のレゲトン・アーティスト。
学生時にWisinと出会い、ディオを結成。2000年にWisín & Yandelとしてアルバムを発表し、2003年にソロアルバムも出しております。『De Líder A Leyenda』はソロとして2ndアルバムになります。

ラテン部門の各賞などノミネートされるなど評価も高いアルバムです。

同アルバムはレゲトン好きな方ならお馴染みのあるミュージシャンも参加しております。
もちろん全編スペイン語ですが、とても聴きやすいし、何よりノリが最高!

お勧めは3.Mano Al Aire、4.Déjate Amar、8.No Perdamos Tiempo、9.En La Oscuridad、10.Sudor、12.Para Irnos Feat. J Alvarez & El General Gadiel
13.Nada Que Perder、14.Da Show、15.Plakito Yandel Feat. El General Gadiel

輸入盤を購入したので、歌詞カードがなく、、、以前にスペイン語できません(汗)。
でも母音がちょっと追えるようになりました。(しかもこのためにスペイン語学習の本まで買ってしまった)

特に4.Déjate Amarはとても好きです。MVも綺麗で良いです。


歌詞を頑張って調べているんですが、スラングがけっこう多いみたいで検索して一発では出てこないです(汗)

これから夏になるので、ノリノリになりたい時にお勧めの一枚です。
ご購入の際ですが、日本のiTunesには現時点でも配信されておらず、大手CDショップにも置いてないところが多いので、ネットでの購入をお勧めします。
[PR]
by fliegn_26 | 2015-05-07 23:50 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

Happy Birthday Luke Evans!

本日はルーク・エヴァンスの36歳の誕生日です。

なので、

e0036571_2228989.jpg


春なんで桜をイメージしました!ルークの場合、いつまでも咲き乱れてほしいですが(笑)

先日ドイツではホビットコンが行われ、ルークも参加したようです。歌も歌っていたし!


『美女と野獣』実写版のガストン役で出演も決まったので、来年にはルークの歌声がスクリーンで聴けるようです☆そちらも楽しみです!

舞台出身のルークですが、本当に歌が上手です!アルバムを出してほしいぐらいです!


[PR]
by fliegn_26 | 2015-04-15 22:33 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

ルーク・エヴァンス、the Actor of the Year award受賞!

久々に俳優のおっかけしております(笑)。

去年からハマりにハマった俳優のルーク・エヴァンス。
現地時間2月24日にロンドンで行われた「エル(ELLE)」主催の<The ELLE Style Awards 2015>にて、the Actor of the Year awardを受賞しました!

いや、アカデミー賞を見るよりも嬉しかったかも(笑)

舞台俳優として活躍していたルークが映画界で活躍するようになったのはここ数年のこと。
モデルとしても活躍しており、男性のファッションアイコンとしても素晴らしい方だと個人的には思います。歌手のエリー・ゴールディングから賞をいただいたようですね。

↓式のレッドカーペットインタビューの最初にルークが出てます☆


以前から噂されていた映画『クロウ』はスケジュールの関係上降板しましたが、昨年撮影していたトム・ヒドルストン主演の映画『High-Rise』が待機中。他にもニューヨークで撮影開始の映画もありますので、今後も楽しみです。

↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2015-03-01 00:00 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

『ゲーム・オブ・スローンズ 』シーズン2&3鑑賞終了

皆様、お久しぶりです。

前回の更新から一ヶ月以上伸びてしまい申し訳ございませんでした(汗)。

言い訳ではございませんが、自宅Macがついに壊れまして。。。ようやく新iMacを購入いたしました。
まだまだ環境は整っておりませんが、徐々に更新速度をあげていきたいと思います。(←たぶん)

さて間は空きましたが、『ゲーム・オブ・スローンズ』のシーズン2&3を続けて鑑賞いたしました。

本国ではシーズン5のプレミアがそろそろのようで、日本ではスターチャンネルにて現在シーズン4が放映中でございます。こちらはまたDVDが出てからの鑑賞になります。

シーズンごとにクオリティも人間関係も残る人去る人もたくさんおられました。

さらに新キャラクターも増えていくので、キャラを覚えていくのに必死だったりします(笑)

個人的に気に入っているキャラクターは、ますます強くなっていくデナーリス(エミリア・クラーク)とドラゴンたちですね。彼女のパートをもっと見たいところです。

ドラマに出演中のキャストの中に映画『ドラキュラZERO』出演していたチャールズ・ダンス演じるタイウィン・ラニスターも素敵ですね!

シーズン3の終盤も怒涛の展開でシーズン4が待ち遠しいです☆

ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突 コンプリート・セット(5枚組) [Blu-ray]

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント



ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編- DVD コンプリート・ボックス (5枚組)

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


[PR]
by fliegn_26 | 2015-02-28 22:04 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

『ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記』

例年より長い正月休みを利用して『ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記』を一気見しました!

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記 コンプリート・セット(5枚組) [Blu-ray]

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント



人気ファンタジー小説シリーズのテレビ化ですが、テレビとは思えないほどのクオリティの高さと濃厚な人間ドラマを展開する『ゲーム・オブ・スローンズ』。2011年の放映当時はあらゆる賞にノミネートされ受賞も多数しております。

丁寧に作られているのでとにかく面白い!シーズン1はクリフハンガーで終わりますが、早く続きが観たくなります。

出演陣にはショーン・ビーン、レナ・ヘディ、ピーター・ディンクレイジ等、、、実は登場人物が多過ぎて把握しきれておりません(苦笑)。ティリオン・ラニスター役のピーター・ディンクレイジは同役でエミー賞を受賞しております。

さらに昨年ルーク・エヴァンス主演の映画『ドラキュラZERO』に出演したチャールズ・ダンスがタイウィン・ラニスター(ティリオンの父親)役、アート・パーキンソンがリコン・スターク(ショーン演じるエダード・スタークの末息子)役で出演。実は後一人出演しているのですが、それは後のシーズンになるのでお預け♪

シーズン1で各登場人物は同じ場所にいますが、徐々に別れて行き、それぞれの旅などが描かれていきます。

お子様にはお見せ出来ない大人なシーンやグロいシーンも満載なのですが、リアリティあって本当に素晴らしいです。

シーズン1ではやはりショーンが1番良かった!

なんですがね。。。。(涙)


↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2015-01-19 00:00 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

『ゴーン・ガール』/Gone Girl

デヴィッド・フィンチャー監督の最新作『ゴーン・ガール』観てきました。
先が読めない展開でしたが、いやあ恐ろしかったです(苦笑)

<あらすじ>
幸福な夫婦生活を送っていたニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)。しかし、結婚5周年の記念日にエイミーが失踪し、自宅のキッチンから大量の血痕が発見される。警察はアリバイが不自然なニックに疑いをかけ捜査を進めるが、メディアが事件を取り上げたことで、ニックは全米から疑いの目を向けられることとなる。
(映画.comより抜粋)

2012年に発売された小説『ゴーン・ガール』を映画化したものです。
他共演者にはニール・パトリック・ハリスがおります。音楽は『ソーシャル・ネットワーク』『ドラゴン・タトゥーの女』でも担当したNINE INCH NAILSのトレント・レズナーと同バンドのプロデューサーであるアティカス・ロス。

原作の方を読んでないのですが、映画の内容を観ると女性が書いたものでは?と直感したのですが。
やはり原作者は女性のギリアン・フリンでした。

ゴーン・ガール 上 (小学館文庫)

ギリアン フリン / 小学館



いやあ、これは女性でないと書けないでしょ!というぐらい恐ろしい物語ですよ(汗)

フィンチャー監督、よく映画化しました。

物語を中心を握るエイミー役をロザムンド・パイクが好演。何度か映画で観た事ある女優さんですが、見事に演じきりました!
オスカー候補の呼び声が高い中、現時点はオンライン映画批評家協会賞では女優賞を受賞、その他の賞にもノミネートされてます。

アカデミー賞の前哨戦、ゴールデン・グローブ賞では監督賞、主演女優賞、脚本賞、作曲賞にノミネートされてます。

作曲賞が出たところで映画を観ようと思ったのでは音楽。今回も裏切らない出来でございます。
映画の雰囲気とよく合ってますし、『ソーシャル・ネットワーク』に続いてオスカーに輝くかもしれませんね!

Gone Girl

Sony


↑しかしこのサントラ、夜聴くとマジで怖いです。。。いや、すごく良いのですが(汗)

TV予告のキャッチコピーで「未婚者はフィクション、既婚者はノンフィクション」とあったのですが、まさにその通りでございます。

それにしても恐ろしかった。。。。

最後の感想はこの一言に尽きます。


↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2014-12-22 00:00 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

『ワイルド・スピード EURO MISSION』/Fast & Furious 6

『ホビット』シリーズを見てルーク・エヴァンスにハマった!という人にもお薦めですが、もちろん従来の『ワイルド・スピード』シリーズのファンの方々にも楽しめる内容です。

ワイルド・スピード EURO MISSION [Blu-ray]

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン



<あらすじ>
リオの犯罪王から大金を強奪し、逃亡生活を送っていたドミニク(ヴィン・ディーゼル)の前に、FBI特別捜査官ホブス(ドウェイン・ジョンソン)が現れ、高度な運転技術を用いて世界各国で犯罪を繰り返す巨大組織を壊滅させるため、ドミニクとそのチームに協力を要請。ドミニクは、死んだはずの元恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)が、その組織を率いる元エリート軍人のオーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)に協力していると聞かされ、その真偽を確かめるためにもホブスの依頼を引き受ける。相棒のブライアン(ポール・ウォーカー)ら仲間のドライバーたちを招集し、ショウ一味を追跡するドミニクだったが……。
(映画.comより抜粋)

1作目と3作目はTVで鑑賞したのかな?ちょっとうろ覚えです。
今作は6作目になりまして。ちなみに時系列があり、1作目→2作目→4作目→5作目→本作→3作目の順になり、7作目になる最新作が来年4月公開の『ワイルド・スピード SKY MISSION』になります。

6作目になる本作では今は亡きポール・ウォーカーも健在です。亡くなって1年経ちますが、やはり惜しい役者を失いました。

さて映画ですが。冒頭からスピード感があり、ぐいぐいと引き込まれていきました。
車には詳しくないのですが、アクションは本当に面白い!ルーク目当てではありましたが、映画自体は良い仕上がりでとても良かったです。

どうも1作目からのめり込めなかった原因として魅力なキャラクターたちではありますが、主人公たちに相反する敵役に魅力がなかったかもしれません。とはいえ、主人公達は魅力的!過小評価していたことに反省(汗)。ファンの方すみませんでした!

それに一石投じたのがルーク・エヴァンス演じるオーウェン・ショウ。
ロンドンが舞台もあって、スタイリッシュでクールな悪役がとても似合ってました。またショウたちが使うフリップ・カーというF1の車をモチーフされた斬新なデザインの車もカッコよかったです。いかにもヨーロッパ的です。
映画前半のロンドン中のカーチェイスシーンは必見です。

またミシェル・ロドリゲスも前2作を拝見してませんが、微妙な立場になってしまったレティを繊細に演じていました。
ホブスの相棒ライリー役のジーナ・カラーノもクールでカッコいい捜査官を演じてます。メイキングを見ると、笑顔がとても素敵な女優さんです。しかもプロの総合格闘家!今後アクション映画でも素晴らしい活躍を見せてくれそうですね。

本作の女性陣が本当に素晴らしいのでこちらも必見です。

さて映画後半には次回作に続くものが出てきます。

ちなみに劇中ショウが兄についての台詞があるのですが、その兄イアン・ショウが次回作『ワイルド・スピード SKY MISSION』の敵役になります。

そのイアンを演じるのがジェイソン・ステイサム。偶然か、ルークとジェイソンは英映画『ブリッツ』でお互い刑事役として共演しております。ちなみにオーウェン役は元々ジェイソンにオファーがあったようですね。
(すでにニュースになっているので、ばらしてしまいますがEURO MISSIONのどこかでジェイソンが出てきます)

ミシェル演じるレティは一度シリーズからいなくなり本作で復活しています。
ルーク演じるオーウェンももしかしたら????と最近のインタビューでも聴かれているようですが、ルークは明言を避けております。

そうでなくても次回作は映画館で見たいと思います☆


↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2014-12-18 00:00 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

カテゴリ

全体
Art
Book
Diary
Dog
Germany
Movie&TV
Music
Works
Picture
Sean Bean
Travel

フォロー中のブログ

Words of VM
ひるでのでるひ(旧宅)
ろんどんらいふ
Reclamation ...
菊田ヴァイオリン工房
sunny-side a...
寝ても覚めてもイリュージョン
DEEP FOREST
デヴィッド・ボウイ館 (...
Tokyo PhotoS...
Marching wit...
本日のリチャード・シャープ
ぺへさぽブログ3
Piccoli Pass...

以前の記事

2017年 01月
2016年 01月
2015年 09月
more...

お気に入りブログ

最新のトラックバック

映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「プロメテウス」この..
from soramove
BONES 6-2 「洞..
from Not Fade Away ..
ハリーポッターと死の秘宝..
from 主婦のヒトリゴト。
ブライアン・アダムス 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ

最新のコメント

>あしばさん はじめま..
by fliegn_26 at 22:53
こんにちは!「クロウ」関..
by あしば at 10:13
俺も見ました。今までのコ..
by クドウアキオ at 22:07
>ぽこぽんさん 初めま..
by fliegn_26 at 23:14
youtube貼って頂い..
by ぽこぽん at 09:12

タグ

(398)
(376)
(218)
(171)
(156)
(134)
(63)
(62)
(61)
(60)
(56)
(54)
(51)
(38)
(17)
(17)
(16)
(15)
(11)
(9)

ライフログ


ドラキュラZERO [Blu-ray]


チェイシング・イエスタデイ


Of Beauty And Rage


ザ・ハンティング・パーティー


ハイブリッド・セオリー


Meteora


リヴィング・シングス


ライヴ・イン・テキサス


リアニメーション


ア・サウザンド・サンズ


Recharged


The Next Day


GRRR! ~グレイテスト・ヒッツ 1962-2012


Tremors


Hesitation Marks(デラックス盤)


Guiding Lights


ワイルド・スピード EURO MISSION [Blu-ray]


ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編- DVD コンプリート・ボックス (5枚組)


ホビット 思いがけない冒険 [Blu-ray]


ホビット 竜に奪われた王国 [Blu-ray]


Queen of the Damned


ソングス・オブ・イノセンス-デラックス・エディション


Goddess


Release the Panic

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧