fliegn_26ことTomoの音楽と映画とお酒のチャンプルー(ごちゃまぜ)ブログです。好きなものはとことん語ります!ただいま初代相方もえ(柴犬)が虹の橋に渡り、二代目相方マハロ(コーギー)のお世話係中。


by fliegn_26

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:Music( 342 )

足音がするUKロック

UKロックを聴くと、何故か『足音』を連想します。
そんなUKロックの大御所と言ったら、OASISですね。

ブラーも好きですが、どちらかと言うとOASIS派です。

彼らの最新アルバム「Don't Believe The Truth」からシングルで「The Importance Of Being Idle」という曲が出てます。
曲が好きと言うよりも、この曲のビデオ・クリップが好きなんです。
いかにもUKらしさが出てるというか…。
曲は割と単調なんですが、最初の音の出だしが「水戸黄門」みたいです(笑)
PVの内容はUKの葬儀の様子なんですが、服装や家具とかちょっと19世紀ぽくて、画面は白黒で昔さを強調しているところがあります。

PVに出る役者さんでイギリス俳優のリス・エヴァンスが出ています。
映画「ノッティングヒルの恋人」でスパイク役を演じた人でコミカルな演技をする俳優さんです。
19世紀のイギリス紳士風な出で立ちで登場。
それが意外に似合ってましたw
やっぱりイギリス人ですね〜。

さてさてこの曲はお兄ちゃんのノエルが歌ってますが。
ノエル兄ちゃん、声がいいなと最近気がつきました。
楽曲もいいし、これからも兄弟仲良くして頑張ってもらいたいです。

サマソ二で来てたんだよね…行きたかったな〜。

足音を連想するって何でだろうと今まで考えてましたが、たぶん、ギターの音を強調するよりドラムの音が大きいのかも。
それで足音的な感じに聴こえるのかもしれません。
後は旅行でイギリスに行ったから、よけいにUKロックを聴くとロンドンの町並みなど思い出します。

「足音」をキーワードに何か作品を作れたらと構想中です。

ちなみにOASISを知ったのは一瞬だけ見た「D'YOU KNOW WHAT I MEAN?」のPVがカッコ良くてCDを買ったのが最初。

1番好きな曲はOASISじゃお決まりかもしれないけど「WONDERWALL」だね。
カラオケに行ったらこれ絶対歌います。

余談:高校時にALTの先生でアメリカ人のチャールズに「OASISが好き」と言ったら、チャールズは「彼らはBad Bandだ」と言ってました。
確かに彼らは素行やら悪いときがありますが、私は曲がよければいいのです。


[PR]
by fliegn_26 | 2005-08-18 18:13 | Music | Trackback | Comments(0)

Japanese in UK

すみません、Stingの『Englishman in NY』をパロってしまいました。

私の洋楽好きは小学校からで、初めて買ったアルバムはそのとき公開してた「ライオン・キング」のサントラ。
そこでエルトン・ジョンを初めて聴きました。
別に英語に興味があったとかじゃなくて、音がよかったからです。
映画音楽から洋楽と付き合い始めたのです。

しばらくしてちゃんとしたアーティストのアルバムも買いました。
それがBoyz II Men
しかしそれからブランクがあり…、中学の終わり頃になってから洋楽しか聴かなくなるのです。
まあ、それは追々話します。

別に意識して聴いてる訳ではないけど、聴く音楽がUKロックだったり、アイリッシュだったりします。

Stingは映画つながりで聴き始めました。
昨日Stingの『all this time』というDVDを借りて観ました。
今から5年前のものでちょうどライブが始まる直前に9.11が起こったのです。
そのときのドキュメントもあって、苦悩するStingにバンドメンバーが「犠牲になった人との為と今日ライブを見に来る人のために歌おう」と励ますところで感動しました。
Stingが音楽にかける情熱はすごいもので、いろいろ音を変えたりとメンバーでジャムセッションして曲が新しくなって行くのがおもしろい。
特にジャンルは決めてないと言うStingだけど、どっちかというと音はジャズに近いのかな。
とにかく見てて見応えのあるものでした。

Stingが逆境を楽しんでいる様子を見て思います。
「逆境こそ楽しめ」とよく言うけど、確かにその通りです。

いろいろサボってしまって、やることがたまってしまってますが…。
そんなときこそ楽しむことです。

そして音楽があれば言うこと無しです。
[PR]
by fliegn_26 | 2005-08-13 17:47 | Music | Trackback | Comments(0)

カテゴリ

全体
Art
Book
Diary
Dog
Germany
Movie&TV
Music
Works
Picture
Sean Bean
Travel

フォロー中のブログ

Words of VM
ひるでのでるひ(旧宅)
ろんどんらいふ
Reclamation ...
菊田ヴァイオリン工房
sunny-side a...
寝ても覚めてもイリュージョン
DEEP FOREST
デヴィッド・ボウイ館 (...
Tokyo PhotoS...
Marching wit...
本日のリチャード・シャープ
ぺへさぽブログ3
Piccoli Pass...

以前の記事

2017年 01月
2016年 01月
2015年 09月
more...

お気に入りブログ

最新のトラックバック

映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「プロメテウス」この..
from soramove
BONES 6-2 「洞..
from Not Fade Away ..
ハリーポッターと死の秘宝..
from 主婦のヒトリゴト。
ブライアン・アダムス 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ

最新のコメント

>あしばさん はじめま..
by fliegn_26 at 22:53
こんにちは!「クロウ」関..
by あしば at 10:13
俺も見ました。今までのコ..
by クドウアキオ at 22:07
>ぽこぽんさん 初めま..
by fliegn_26 at 23:14
youtube貼って頂い..
by ぽこぽん at 09:12

タグ

(398)
(376)
(218)
(171)
(156)
(134)
(63)
(62)
(61)
(60)
(56)
(54)
(51)
(38)
(17)
(17)
(16)
(15)
(11)
(9)

ライフログ


ドラキュラZERO [Blu-ray]


チェイシング・イエスタデイ


Of Beauty And Rage


ザ・ハンティング・パーティー


ハイブリッド・セオリー


Meteora


リヴィング・シングス


ライヴ・イン・テキサス


リアニメーション


ア・サウザンド・サンズ


Recharged


The Next Day


GRRR! ~グレイテスト・ヒッツ 1962-2012


Tremors


Hesitation Marks(デラックス盤)


Guiding Lights


ワイルド・スピード EURO MISSION [Blu-ray]


ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編- DVD コンプリート・ボックス (5枚組)


ホビット 思いがけない冒険 [Blu-ray]


ホビット 竜に奪われた王国 [Blu-ray]


Queen of the Damned


ソングス・オブ・イノセンス-デラックス・エディション


Goddess


Release the Panic

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧