fliegn_26ことTomoの音楽と映画とお酒のチャンプルー(ごちゃまぜ)ブログです。好きなものはとことん語ります!ただいま初代相方もえ(柴犬)が虹の橋に渡り、二代目相方マハロ(コーギー)のお世話係中。


by fliegn_26

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:Movie ( 156 ) タグの人気記事

『ワイルド・スピード SKY MISSION』/Furious 7

人気カーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第7作『ワイルド・スピード SKY MISSION』。
撮影期間中に主演のポール・ウォーカーが急逝してしまいましたが、満を辞して完成し公開されました!

<あらすじ>
オーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)率いる国際犯罪組織を倒し平穏な毎日を送っていたドミニクたちの前に、オーウェンの兄デッカード・ショウが弟の仇を討つべく現われる。元特殊部隊の暗殺者で一国の軍隊に匹敵するほどの力を誇るデッカード(ジェイソン・ステイサム)は、東京にいるドミニクたちの仲間ハン(サン・カン)を襲撃。大切な仲間を奪われたドミニクたちは、圧倒的な強さを誇るデッカードに決死の戦いを挑む。
(映画.comより抜粋)

主演はお馴染みのヴィン・ディーゼル、急逝したポール・ウォーカー。
前作記憶喪失になってしまったレティ役はミシェル・ロドリゲス。そして引き続きローマン役はタイリース・ギブソン、テズ役はクリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ホブス役はドウェイン・ジョンソンが出演。

新しいキャラクターでは、カート・ラッセルがドミニクたちに協力する謎の政府の人(笑)。
新しい女性キャラ、ラムジー役には『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演しているナタリー・エマニュエル。

個人的に楽しみにしていたのは前作の悪役オーウェン・ショウの兄デッカードを演じるジェイソン・ステイサム!期待を裏切らない暴れっぷりでした☆またオーウェンを演じたルーク・エヴァンスもちょこっとだけ出ていたので、ファンとして嬉しいです。今後もショウ兄弟から目が離せないですな!

スカイミッションという邦題がつくほど、本編では車が飛びまくっておりました(苦笑)

車って飛びものだっけ????というツッコミはさておき、アクションはシリーズ上では最高だと思いますので、ぜひそちらも注目でございます!

ポールが亡くなってしまい、映画の完成も危ぶまれておりましたが、ポールにそっくりの兄弟たちが残りのシーンを担当し完成。
最後は納得いくものでした。アクション映画を見て、泣くのは初めてです。

ネタバレになるので、最後は書きませんが。映画のラストシーンは最高のポールへの弔いだと思います。

またポールに捧げる挿入歌「See you Again」がまた泣かせます(涙)
映画のサントラがかなり良かったので、サントラはまた別に書きますね!

ポール・ウォーカーのファンではないのですが、生前は渋みが増して良いなと思っていた矢先の事故でございました。改めて惜しい俳優が亡くなりました。

でも映画は面白かった!次作も楽しみでございます。

FOR PAUL


↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2015-05-09 20:38 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

ルーク・エヴァンス、the Actor of the Year award受賞!

久々に俳優のおっかけしております(笑)。

去年からハマりにハマった俳優のルーク・エヴァンス。
現地時間2月24日にロンドンで行われた「エル(ELLE)」主催の<The ELLE Style Awards 2015>にて、the Actor of the Year awardを受賞しました!

いや、アカデミー賞を見るよりも嬉しかったかも(笑)

舞台俳優として活躍していたルークが映画界で活躍するようになったのはここ数年のこと。
モデルとしても活躍しており、男性のファッションアイコンとしても素晴らしい方だと個人的には思います。歌手のエリー・ゴールディングから賞をいただいたようですね。

↓式のレッドカーペットインタビューの最初にルークが出てます☆


以前から噂されていた映画『クロウ』はスケジュールの関係上降板しましたが、昨年撮影していたトム・ヒドルストン主演の映画『High-Rise』が待機中。他にもニューヨークで撮影開始の映画もありますので、今後も楽しみです。

↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2015-03-01 00:00 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

『ゴーン・ガール』/Gone Girl

デヴィッド・フィンチャー監督の最新作『ゴーン・ガール』観てきました。
先が読めない展開でしたが、いやあ恐ろしかったです(苦笑)

<あらすじ>
幸福な夫婦生活を送っていたニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)。しかし、結婚5周年の記念日にエイミーが失踪し、自宅のキッチンから大量の血痕が発見される。警察はアリバイが不自然なニックに疑いをかけ捜査を進めるが、メディアが事件を取り上げたことで、ニックは全米から疑いの目を向けられることとなる。
(映画.comより抜粋)

2012年に発売された小説『ゴーン・ガール』を映画化したものです。
他共演者にはニール・パトリック・ハリスがおります。音楽は『ソーシャル・ネットワーク』『ドラゴン・タトゥーの女』でも担当したNINE INCH NAILSのトレント・レズナーと同バンドのプロデューサーであるアティカス・ロス。

原作の方を読んでないのですが、映画の内容を観ると女性が書いたものでは?と直感したのですが。
やはり原作者は女性のギリアン・フリンでした。

ゴーン・ガール 上 (小学館文庫)

ギリアン フリン / 小学館



いやあ、これは女性でないと書けないでしょ!というぐらい恐ろしい物語ですよ(汗)

フィンチャー監督、よく映画化しました。

物語を中心を握るエイミー役をロザムンド・パイクが好演。何度か映画で観た事ある女優さんですが、見事に演じきりました!
オスカー候補の呼び声が高い中、現時点はオンライン映画批評家協会賞では女優賞を受賞、その他の賞にもノミネートされてます。

アカデミー賞の前哨戦、ゴールデン・グローブ賞では監督賞、主演女優賞、脚本賞、作曲賞にノミネートされてます。

作曲賞が出たところで映画を観ようと思ったのでは音楽。今回も裏切らない出来でございます。
映画の雰囲気とよく合ってますし、『ソーシャル・ネットワーク』に続いてオスカーに輝くかもしれませんね!

Gone Girl

Sony


↑しかしこのサントラ、夜聴くとマジで怖いです。。。いや、すごく良いのですが(汗)

TV予告のキャッチコピーで「未婚者はフィクション、既婚者はノンフィクション」とあったのですが、まさにその通りでございます。

それにしても恐ろしかった。。。。

最後の感想はこの一言に尽きます。


↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2014-12-22 00:00 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

『ワイルド・スピード EURO MISSION』/Fast & Furious 6

『ホビット』シリーズを見てルーク・エヴァンスにハマった!という人にもお薦めですが、もちろん従来の『ワイルド・スピード』シリーズのファンの方々にも楽しめる内容です。

ワイルド・スピード EURO MISSION [Blu-ray]

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン



<あらすじ>
リオの犯罪王から大金を強奪し、逃亡生活を送っていたドミニク(ヴィン・ディーゼル)の前に、FBI特別捜査官ホブス(ドウェイン・ジョンソン)が現れ、高度な運転技術を用いて世界各国で犯罪を繰り返す巨大組織を壊滅させるため、ドミニクとそのチームに協力を要請。ドミニクは、死んだはずの元恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)が、その組織を率いる元エリート軍人のオーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)に協力していると聞かされ、その真偽を確かめるためにもホブスの依頼を引き受ける。相棒のブライアン(ポール・ウォーカー)ら仲間のドライバーたちを招集し、ショウ一味を追跡するドミニクだったが……。
(映画.comより抜粋)

1作目と3作目はTVで鑑賞したのかな?ちょっとうろ覚えです。
今作は6作目になりまして。ちなみに時系列があり、1作目→2作目→4作目→5作目→本作→3作目の順になり、7作目になる最新作が来年4月公開の『ワイルド・スピード SKY MISSION』になります。

6作目になる本作では今は亡きポール・ウォーカーも健在です。亡くなって1年経ちますが、やはり惜しい役者を失いました。

さて映画ですが。冒頭からスピード感があり、ぐいぐいと引き込まれていきました。
車には詳しくないのですが、アクションは本当に面白い!ルーク目当てではありましたが、映画自体は良い仕上がりでとても良かったです。

どうも1作目からのめり込めなかった原因として魅力なキャラクターたちではありますが、主人公たちに相反する敵役に魅力がなかったかもしれません。とはいえ、主人公達は魅力的!過小評価していたことに反省(汗)。ファンの方すみませんでした!

それに一石投じたのがルーク・エヴァンス演じるオーウェン・ショウ。
ロンドンが舞台もあって、スタイリッシュでクールな悪役がとても似合ってました。またショウたちが使うフリップ・カーというF1の車をモチーフされた斬新なデザインの車もカッコよかったです。いかにもヨーロッパ的です。
映画前半のロンドン中のカーチェイスシーンは必見です。

またミシェル・ロドリゲスも前2作を拝見してませんが、微妙な立場になってしまったレティを繊細に演じていました。
ホブスの相棒ライリー役のジーナ・カラーノもクールでカッコいい捜査官を演じてます。メイキングを見ると、笑顔がとても素敵な女優さんです。しかもプロの総合格闘家!今後アクション映画でも素晴らしい活躍を見せてくれそうですね。

本作の女性陣が本当に素晴らしいのでこちらも必見です。

さて映画後半には次回作に続くものが出てきます。

ちなみに劇中ショウが兄についての台詞があるのですが、その兄イアン・ショウが次回作『ワイルド・スピード SKY MISSION』の敵役になります。

そのイアンを演じるのがジェイソン・ステイサム。偶然か、ルークとジェイソンは英映画『ブリッツ』でお互い刑事役として共演しております。ちなみにオーウェン役は元々ジェイソンにオファーがあったようですね。
(すでにニュースになっているので、ばらしてしまいますがEURO MISSIONのどこかでジェイソンが出てきます)

ミシェル演じるレティは一度シリーズからいなくなり本作で復活しています。
ルーク演じるオーウェンももしかしたら????と最近のインタビューでも聴かれているようですが、ルークは明言を避けております。

そうでなくても次回作は映画館で見たいと思います☆


↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2014-12-18 00:00 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

『ホビット 決戦のゆくえ』見てきました!

ちゃんとした感想は2回目を見たからにしますが。
一言では言えないけど、感無量でした!

全てが完璧で、登場人物それぞれに見せ場があります。

ルーク演じるバルドもすごく良かったです。思った以上でした。

だけど、真の主役はビルボとトーリン。いや、トーリンが男前過ぎます!
リチャードは本当に素晴らしい!マーティンはビルボ役にふさわしいです。

もしホビットの中で誰になりたいかと聴かれたら間違いなくビルボです。
素敵な仲間と共に旅が出来るんですから☆


↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2014-12-17 00:24 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

ティム・バートンの世界

2014年11月1日より森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催されている「ティム・バートンの世界」展に行ってきました!

映画監督ティム・バートンのスケッチや学生時代のフィルムや作品等貴重なものがたくさん見られるとあって、平日でもすごい人だかりでした。

ものすごいファンではないのですが、ただクリエイターとしての姿勢がつねにモノ作りにどん欲なところが好きでして。もちろん監督のイラストも好きです。

展示品はいくつかブースに分けられていますが、とにかく展示品が多いです!

主に監督が描き溜めたイラストや映画の絵コンテ、学生時代の作品などありますが。監督が撮ったポラロイド写真はなかなか見られないので貴重でしたね。

最後には新作イラストがあるかもしれないですよ(笑)

とにかく飽きさせない展示会でした。監督のイマジネーションは底知れないですね!
グッズ販売もされてますが、カタログと作品集が1番お薦めですね。

会期は11月1日〜2015年1月15日まで。正月休みはおそらく混むと思いますので、お早めに鑑賞することをお薦めします。
[PR]
by fliegn_26 | 2014-12-15 00:00 | Art | Trackback | Comments(0)

映画『ホビット 決戦のゆくえ』ロンドンワールドプレミア開催

映画『ホビット 決戦のゆくえ』(原題:The Hobbit: The Battle of the Five Armies)の12月1日にロンドンで行われたワールドプレミアが日本時間深夜に生中継されていたので見てみました!
(すごく眠かった。。。)

ロンドンは寒かったようですが、ファンの熱気がすごかった!

ピーター・ジャクソン監督を始め、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、エヴァンジェン・リリー、リー・ペイス、オーランド・ブルーム、イアン・マッケラン、ベネディクト・カンバーバッチ他、もちろんルーク・エヴァンスも登場!

プレミア前っぽいですね?キャスト・クルーたちのインタビュー。


アルフリド役のライアン・ヘイジの英語がすごく綺麗なんですが、劇中は隣のルークの故郷ウェールズのアクセントで話しているようですね。

ルーク、ご機嫌!終始笑顔だけど、やはり最後だからちょっと寂しいみたいですね。


ちなみにグリーンカーペットでレゴラス役のオーランド・ブルームがインタビュー中にイアンを呼んで、キスするもんだからツイッターや会場のファンの悲鳴がすごかった(笑)

思えば『ロード・オブ・リング』(以下LOTR)シリーズでショーン・ビーンやヴィゴを知り、映画だけじゃなく原作まで好きになるほどハマり、今回のホビットに関しては原文で読んでいる途中です。

ブログも最近はさぼっておりますが、ここまで続くとは思いませんでした。
映画は好きだけど、さらに映画好きにしてくれたシリーズに出会えて光栄です。

また新たにルーク・エヴァンスという俳優を見つけ、今後がすごく楽しみです。
(日本で公開されない映画に出ても英語だったら大丈夫!)

日本公開は12月13日(土曜日)。
その前に原作を読み終えたいけど、映画シリーズをまた見直したいですね!

映画の予告はこちら↓


今回の映画の主題歌を担当するのはLOTRシリーズでピピン役を演じたビリー・ボイド。
素敵なPVです。↓


前回主題歌を歌ったエド・シーランも素晴らしかったです。
最後の前に前2作を見直すのもありですね!

ホビット 竜に奪われた王国 [Blu-ray]

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント



ホビット 思いがけない冒険 [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ



↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2014-12-06 01:22 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

『ドラキュラZERO』/Dracula Untold

実は2回鑑賞してしまいました。

1回目は完全にルーク・エヴァンス見たさで(笑)。
2回目は映画として。(ネタバレはなしです)

<あらすじ>
トランシルバニアを治める君主ヴラド(ルーク・エヴァンス)は、ある日、ヨーロッパ侵攻を目論む大国オスマン帝国の皇帝メフメト2世(ドミニク・クーパー)から、息子を含む1000人の子どもを徴兵するよう通達される。しかし、ヴラドはこれを拒否し、オスマン帝国と敵対することを決意する。(映画.comより抜粋)




映画『Blitz』で脇役で出ていたルークを見て、なかなか良い感じだな〜と思っていたら、『ホビット/竜に奪われた王国』のバルド役で久々の英国俳優ヒットでございました(笑)。

舞台でデビューしていたので映画の出演作は今は少ないけど、印象を残すので今後がすごく楽しみです☆

ブラム・ストーカーの著名な小説「ドラキュラ」に登場する吸血鬼ドラキュラ伯爵のモデルとも言われ、15世紀に実在した人物ワラキア公ヴラド3世を主人公にした本作。ルークはそのヴラドを演じております。

ルーク自身には子どもはいないようですが、子を守ろうとする父親役がハマっておりますね!
演技の他、アクションでも体を張っているので見応えはあります。

ただルークや他の俳優さんたちも役作りをしっかりしていたようなので、出来たらもうちょっとドラマ部分を作りこんで欲しかったというのが本音ではあります。

全体的には面白かったし、ルークの魅力が満載でした♪

ちなみにルーク、来月には『ホビット/決戦のゆくえ』(12月16日公開)に出演です。もちろんバルド役で☆

ルークファンが一気に増えそうですね!


↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2014-11-10 22:34 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

『チョコレートドーナツ』/Any Day Now

ミニシアター系のランキングで1位を獲得している感動作品『チョコレートドーナツ』。
予告だけでも涙を誘うのですが、本編は本当に素晴らしかった!
たくさんの方に見て欲しいのでネタバレなしでございます!



<あらすじ>
1970年代、カリフォルニア。
歌手になることを夢見ながら、ショウダンサーとして日銭を稼いでいるルディと、正義を信じ、世の中を変えようと弁護士になったポール、そして母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年マルコは、家族のように寄り添って暮らしていた。しかし、ルディとポールはゲイであるということで好奇の目にさらされ、マルコを奪われてしまう。


全米の各映画祭でも絶賛され、多くの賞に輝いている本作。
同性愛に対して差別と偏見が強く根付いていた1970年代に実際にあった話を元にしております。
ルディを演じたアラン・カミングの母の優しさと情熱あふれる演技と、歌が本当に素晴らしく胸に来ます。
マルコを演じたアイザック・レイヴァの笑顔に癒されます。先日監督と日本でのヒットを記念して来日してくださました。

本作には海外ドラマで活躍する俳優陣が多数出演!
ちなみに監督のトラヴィス・ファインは俳優として日本でも放映されていた『ヤングライダーズ』に出演。(言葉を話すことのできない坊主頭のアイク役!)

ポール役のギャレット・ディラハントは、『4400』や『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』など多くの作品に出演しております。
本作でもルディとマルコを温かく見守り、自分自身を取り戻す演技に注目です。

その他、ジェイミー・アン・オールマン(『THE KILLING ~闇に眠る美少女』)、ケリー・ウィリアムズ(最近は『ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る』)、クリス・マルケイ(『ツイン・ピークス』)等。

また音楽も主役の1人。特にアラン・カミングが歌う「I Shall Be Released」は最高です。
映画のクライマックスでもありますが、ネタバレになるので書くのはここまでにしておきます。

ただ一つだけ言いたいのは、家族の形はたくさんあっていい。
ルディたちはどんな差別や偏見にあっても、彼らこそ真の家族です。

当初は都内の一カ所だけでの上映でしたが、口コミで広がり、現在も上映館も増えて公開中です。
子どもから大人まで見て欲しい作品です。
そしてサントラも素晴らしいのでお薦めです!



↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2014-06-04 20:37 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

速報!第86回アカデミー賞ノミネーション発表

アメリカ、現地時間16日にて第86回アカデミー賞のノミネーションが発表されました!

ツイッターで速報を見ていたのですが、なんと『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャレッド・レトが助演男優賞にノミネートされました!同賞には、『それでも夜が明ける』のマイケル・ファスベンダー、『キャプテン・フィリップス』のBarkhad Abdi、『アメリカン・ハッスル』のブラッドリー・クーパー、『The Wolf of Wall Street』のジョナ・ヒル。

GG賞を受賞しているジャレッドに受賞の可能性がありですね!

主演男優賞には『ダラス・バイヤーズクラブ』の主演を勤めたマシュー・マコノヒーもノミネート!
同賞にはクリスチャン・ベール、ブルース・ディーン、レオナルド・ディカプリオ、キウェテル・イジョフォー。
正直誰が取っても可笑しくないほど、混戦が予想されます!

さらに長編アニメーション賞には日本の『風立ちぬ』!短編アニメ賞にも森田修平監督の『九十九』がノミネート!日本勢も負けてませんね。

オリジナル歌曲賞にはU2の「Ordinary Love」がノミネート!ゴールデン・グローブ賞に続けて賞を取るか、楽しみですね☆

その他のノミネートはWOWOW等のサイトでご覧くださいね♪

第86回アカデミー賞授賞式は、3月3日(月)午前9時よりWOWOWプライムにて生中継です!
(夜9時よりリピート放送)

↓ランキングに参加中です。ポチッと一押しをよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fliegn_26 | 2014-01-16 23:26 | Movie&TV | Trackback | Comments(0)

カテゴリ

全体
Art
Book
Diary
Dog
Germany
Movie&TV
Music
Works
Picture
Sean Bean
Travel

フォロー中のブログ

Words of VM
ひるでのでるひ(旧宅)
ろんどんらいふ
Reclamation ...
菊田ヴァイオリン工房
sunny-side a...
寝ても覚めてもイリュージョン
DEEP FOREST
デヴィッド・ボウイ館 (...
Tokyo PhotoS...
Marching wit...
本日のリチャード・シャープ
ぺへさぽブログ3
Piccoli Pass...

以前の記事

2017年 01月
2016年 01月
2015年 09月
more...

お気に入りブログ

最新のトラックバック

映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「プロメテウス」この..
from soramove
BONES 6-2 「洞..
from Not Fade Away ..
ハリーポッターと死の秘宝..
from 主婦のヒトリゴト。
ブライアン・アダムス 2
from まい・ふぇいばりっと・あるばむ

最新のコメント

>あしばさん はじめま..
by fliegn_26 at 22:53
こんにちは!「クロウ」関..
by あしば at 10:13
俺も見ました。今までのコ..
by クドウアキオ at 22:07
>ぽこぽんさん 初めま..
by fliegn_26 at 23:14
youtube貼って頂い..
by ぽこぽん at 09:12

タグ

(398)
(376)
(218)
(171)
(156)
(134)
(63)
(62)
(61)
(60)
(56)
(54)
(51)
(38)
(17)
(17)
(16)
(15)
(11)
(9)

ライフログ


ドラキュラZERO [Blu-ray]


チェイシング・イエスタデイ


Of Beauty And Rage


ザ・ハンティング・パーティー


ハイブリッド・セオリー


Meteora


リヴィング・シングス


ライヴ・イン・テキサス


リアニメーション


ア・サウザンド・サンズ


Recharged


The Next Day


GRRR! ~グレイテスト・ヒッツ 1962-2012


Tremors


Hesitation Marks(デラックス盤)


Guiding Lights


ワイルド・スピード EURO MISSION [Blu-ray]


ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編- DVD コンプリート・ボックス (5枚組)


ホビット 思いがけない冒険 [Blu-ray]


ホビット 竜に奪われた王国 [Blu-ray]


Queen of the Damned


ソングス・オブ・イノセンス-デラックス・エディション


Goddess


Release the Panic

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧